「リハトレ」で健康に!

QOL クオリティ・オブ・ライフ 自分らしくいきいきと生活するために

QOL( クオリティ・オブ・ライフ) とは、「一人ひとりの人生の内容の質や社会的にみた生活の質」のことを指し、「皆様がどれだけ人間らしい生活や自分らしい生活を送り、人生に幸福を見出しているか」ということを尺度としてとらえる概念のことです。
QOL の「幸福」とは、心身の健康、良好な人間関係、やりがいのある仕事、快適な住環境、十分な教育、レクリエーション活動やレジャーなど様々な観点から計られます。

パワーリハビリとは

QOL向上のひとつとして、パワーリハビリテーションがあげられます。パワーリハビリテーションは、老化や器質的障害のより低下した身体的・心理的活動性を回復させ、自立性の向上とQOL の高い生活への復帰を目指すリハビリテーションの新しい手法です。
単なる筋力強化を目的としたプログラムではなく、マシントレーニングを軽負荷で行い、全身各部の使っていない筋を動かすことにより、次のような効果・変化が生まれます。

軽い有酸素運動の時に神経から放出される物質には「うつの改善」など心理的効果も発揮し、実施後に趣味であった社交ダンスや登山、絵画を再び行なうようになったなど、数々の行動変容が報告されています。

リハビリを支える最新設備

「リハトレ専科西戸山公園」では、CGTのプログラムを内蔵した最新トレーニングマシン「リハトレーナー」を採用しています。
リハトレーナーは、運動記録や運動履歴を個別にデータベース化することができる最新鋭の介護予防自動筋力トレーニングシステムです。
利用者一人ひとりの能力に合わせた運動プランを作成できるほか、筋力・動的バランス・静的バランス・柔軟性・歩行能力をレーダーチャート化した報告書を作成でき、さらに個人の身体能力に合わせマシンの負荷を最適に自動調整します。

CGTとは?

CGT(Comprehensive Geriatric Traning、包括的高齢者運動トレーニング) とは、東京都健康長寿医療センターの大渕修一氏が高齢者向けに考案した運動理論です。マシンを使わない通常トレーニングよりも身体能力の改善に効果があり、続けやすいという調査結果が厚生労働省老人保健健康推進等事業の報告書にまとめられています。

  • 猫背防止ローイング

    【高背筋・菱形筋強化】背筋が伸び散歩が楽しく!肩の可動範囲を柔軟にさせます。

  • 足腰の筋力低下防止レッグプレス

    【下肢全体の筋肉を強化】杖を使わず自分の足でしっかり体を支え歩ける脚力を作ります。

  • ふらつき防止
    ヒップアブダクション

    【腰回りの筋肉(中殿筋)を強化】
    歩行時の安定性が向上し、転倒を予防。

  • 階段昇降の安定性
    レッグエクステンション

    【大腿四頭筋の筋力強化】段差を軽々越えられるようになり、バスの乗り降りも楽に!

無料体験実施中!見学・体験のお申し込み・ご相談など お問い合わせはお気軽に!